蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

あがりこ大王

鳥海山ふもとに広がる獅子ヶ鼻湿原です
アップダウンの少ない5kmの木道を2時間半ほど歩いてきました

獅子ヶ鼻湿原の王者、あがりこ大王
樹齢300年、幹まわり7、6mという日本最大級のブナの巨木です
かつて、炭を焼くために根株を残して伐採され続け、こぶ状に形成しながら大きくなったブナ

0801buna1.jpg


腹のあたりをアップで、、、
300年後の姿も見てみたい〜(O_O;)

0801buna2.jpg


大王の次に大きな「しょく台」と名付けられたブナ

0801buna3.jpg


炭焼き釜が残っていました

0730sumiyaki.jpg


出つぼ
伏流水がゴンゴンとわき上がっていました
前に行ったときはロープが張られていなかったような、、、

0801buna4.jpg


鳥海マリモ、、、かなあ、、、
看板の写真とはだいぶ様子が違うけど

0801buna5.jpg


獅子ヶ鼻湿原の花

ミヤマホツツジ

0801buna6.jpg


カキラン

0801buna7.jpg


アクシバ

0801buna8.jpg


湿原入り口のオオウバユリの群落
咲いたら見事でしょう

0801buna9.jpg


この日は象潟町のホテルに宿泊
大きなイワガキが2個も付いたカキづくしの夕食に大満足でした



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2015/07/31(金) 09:00:59|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

霧の海に咲く花

鳥海山の花・2

途中まで下界が見えていたのに、どんどん霧が下りてきてあたり一面白い世界になってしまいました
涼しくて歩くには助かるんだけど、、、
気持ちを切り替えて、晴れていては見られない霧に浮かぶ花たちを撮らなくちゃ


キンコウカ

0729kiri1.jpg


ミヤマカラマツ

0729kiri2.jpg


チングルマ

0729kiri3.jpg


歩いて歩いて、やっと御浜小屋付近に到着も、、、
鳥海湖は霧の海にオカクレアソバシテイマシテ、、、(涙)
草むらに咲く花たちに慰められてきました

トウゲブキなど

0729kiri4.jpg


ニッコウキスゲは終わり加減

0729kiri5.jpg


このあたりではミヤマトウキが目立った

0729kiri9.jpg


ハクサンシャジン

0729kiri7.jpg


白いハクサンシャジン

0729kiri12.jpg


ハクサンフウロ

0729kiri11.jpg


ミヤマダイモンジソウ

0729kiri24.jpg


ミヤマホツツジ

0729kiri23.jpg


チョウカイアザミ

0729kiri10.jpg


岩陰で昼食を済ませ、下りは大平コースを歩きました
登りの鉾立コースでは終わっていた花がきれいに咲いていたりして、つらい下りではありましたが収穫もありました



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2015/07/29(水) 09:39:37|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鳥海山の花・1

鳥海山登山
25日、7時30分、鉾立口から登山開始

まずは展望台から奈曽渓谷を展望

0728tyo10.jpg


高所から見ると名勝「象潟」が分かりやすく望める

0728tyo11.jpg


白いノリウツギがさわやか

0728tyo1.jpg


コキンレイカ(ハクサンオミナエシ)がミヤマホツツジの中から茎を伸ばして咲いていた

0728tyo2.jpg


登山道は石畳が敷かれているので、日差しが強ければ上から下から灼熱地獄?
幸いというか、残念というか、この日はお日様は雲の中
涼しくて歩きやすかったとこは何よりでした

小さな雪渓付近にベニバナイチゴがきれいに咲いていた

0728tyo3.jpg


ウサギギクは終わっていてこの1本だけが微笑んでくれた

0728tyo4.jpg


岩場にオオバキスミレと

0728tyo5.jpg


キバナノコマノツメが、、、

0728tyo6.jpg


小さくてつい見落としがちなチシマゼキショウ

0728tyo7.jpg


アオノツガザクラも雪渓の元に咲いていた

0728tyo8.jpg


ミヤマツボスミレの大群落

0728tyo9.jpg


鳥海山の花は何回かに分けて紹介します
今年の異常な暑さで、鳥海山の花も咲き出しが早かったように思いました
それでも花の山、鳥海山にふさわしい花の山旅でした
またおつきあいくださいね



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2015/07/28(火) 09:54:40|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

元滝伏流水幻想と大迫力の奈曽の白滝

鳥海山麓 花めぐり2日間の旅に行ってきました
1日目は獅子ヶ鼻湿原散策、2日目は鳥海湖までの登山
2日間とも、雨に降られることなく予定通り、無事に帰ってきました
(いえ、昨日の帰り山形道での自然渋滞に引っかかって1時間のオーバー)

まずは獅子ヶ鼻湿原散策の前後に見てきた滝、2ヶ所を、、、

元滝伏流水
冷たい伏流水から霧が湧いて、幻想的な景観にうっとり
冷たいミストシャワーを浴びての、命が洗われるようなひとときでした

0727taki1.jpg


0727taki2.jpg


0727taki3.jpg


0727taki5.jpg


0727taki4.jpg


水路にタニジャコウソウが咲いていたけど、暗くてピンボケ(冷や汗)

0727taki6.jpg


レース飾りで気取っているクルマユリ

0727taki7.jpg


鳥海山の雪解け水を集めて落ちる、奈曽の白滝
落差26m、幅11mという大迫力の滝でした

0727taki8.jpg


0727taki9.jpg


獅子ヶ鼻湿原ではあがりこ大王というブナの巨木が迎えてくれました
鳥海山からの伏流水がわき上がる「出つぼ」などがあって面白い散策コースでした


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




  1. 2015/07/27(月) 09:31:02|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イワカガミ湿原

まだ引っ張るの〜!?
ってあきれないでもう少しおつきあいくださいね

イワカガミ湿原に寄る前に、栗駒山ふもとの名残が原を一周してきた
キンコウカは終わり気味、ミヤマホツツジ、ノリウツギ、オオヤマサギソウ、ノギランなどが咲いていたが、、、
写欲?が湧かず、ほとんど撮らないでしまった
途中でおにぎりで腹ごしらえ休憩

イワカガミ湿原に移動

すごい〜!
モウセンゴケで真っ赤
花もちょうど見頃

0805kuri6.jpg


モウセンゴケは珍しくないが、花が咲いている時期に出会うことがなかなかなかった

0805kuri14.jpg


0805kuri15.jpg


イワカガミ湿原風景
遠くに見えるのが栗駒山荘
2008年、宮城内陸地震の被害で道路が閉鎖されあと、数ヶ月後に開通したときに宿泊したホテル
山のホテルとは思えない手の混んだ料理が並んだっけ
それ以来、栗駒山の山頂には登っていない

0805kuri12.jpg


道ばたにツルアリドウシ

0805kuri8.jpg


石をまたいでいたヒカゲノカズラ

0805kuri16.jpg


湿原の外れ、道路側にミズギクが咲いていた

0805kuri10.jpg


0805kuri11.jpg


イワカガミ湿原?
前に来たときは秋口だったので気がつかなかったけど、水気の少ない湿原にイワカガミの花殻がたくさん残っていた
それでも、湿原とイワカガミはちょっと結びつかない
モウセンゴケ湿原のほうがぴったり来るけど、、、ね
これっておせっかいかな

これで栗駒、焼石の旅はすべて終わり、、、と言いたいけれど、車で走っている途中に見つけた珍しい花がまだあるんです
ネタ切れになったらアップします

物持ちがいいaoikesiでした〜(・-・*)ヌフフ


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/08(金) 09:09:30|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

栗駒・シラタマノキ湿原

焼石岳に登る前日は栗駒山の麓をうろついた
まず、須川湖の近くにある泥炭地(シラタマノキ湿原)に寄り道
ここは地層が面白いらしいが、我々は花のみの追っかけだから、、、

名前通りシラタマノキが多い

0805kuri1.jpg


さすが、、、シラタマノキの絨毯

0806kuri4.jpg


イワハゼ(アカモノ)も多い

0805kuri2.jpg


おいしそうなピンク色のツルコケモモの実(食べませんよ〜)

0805kuri3.jpg


手前の赤っぽい葉はツルコケモモの新芽、奥の緑がウカミカマゴケ

0805kuri4.jpg


ヌマガヤ

0806kuri1.jpg


イワショウブが少し

0806kuri3.jpg


モウセンゴケが咲いていた

0805kuri7.jpg


ホソバノキソチドリ

0805kuri9.jpg


ノリウツギ

0806kuri2.jpg


ヒメキマダラヒカゲ(かな)

0805kuri5.jpg


このあとイワカガミ湿原へ


蔵王町が昨日36,7度に!
県内で一番暑かった
が、、、角田の体育館内(自治センター2階の体育施設)は40度だった
床に座ると床暖が入っているようで、暑くて休憩もつらかった
あせもがかゆい〜!

今日も暑い!
午前中に役場前の温度計が35度だった



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/06(水) 09:10:11|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋田駒ヶ岳・4

秋田駒の残りの花たち

ヒナザクラ

07,2ak20


コミヤマハンショウヅル

07,2aki11


ゴゼンタチバナ

07,2aki14


イワハゼ

07,2aki15


ハリブキ

07,2aki19


サンカヨウ

07,2aki12


シラネアオイ

07,2aki13


スキー場駐車場から望む田沢湖

07,2aki18


予約投稿2連チャンなり〜
♪v(*'-^*)^☆

皆さんのところには明日伺いますねえ

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/04(水) 09:19:26|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

秋田駒ヶ岳・3

タカネスミレが目的で登った秋田駒だが、他の花にも期待感が高まる
なにせ花の山・秋田駒だもの


ムシトリスミレ

07,2aki1


ミヤマウスユキソウ

07,2aki2


チングルマ

07,2aki10


ツマトリソウとマイヅルソウ

07,2aki8


ツマトリソウとカエデの子

07,2aki9


イワキンバイ

07,2aki7


ミヤマキンバイ

07,2aki16


もやし?フキノトウ

07,2aki5


ベニバナイチゴ

07,2aki4


田沢湖を望む

07,2aki17


ムシトリスミレは湿原の中にたくさん咲いていたけど近づけなかった
チングルマは終わってしまった株が多かった
ミヤマウスユキソウは最初に1枚撮ったとき、いずれわんさと咲いているだろうと・・・
気が付いたらその後、どこにもなかった
と、まあ〜、大満足の秋田駒とはいかなかったわけで・・・
(一応、花はもう1回掲載分ありますが)

そういえば、去年も掛け持ちした八幡平のほうが秋田駒より、花の見ごたえがあったんだっけ
(x_x)ゞ

それでも満足感があるのは、帰りに入った道の駅の温泉がとろりとして気持ちよかったこと
前沢パーキングで食べたステーキ丼がおいしかったこと

宿に泊まるのもいいけど、こういう山旅もいいものだ

そうそう、温泉でお話しした女性はご主人と北海道から車で来て温泉巡りをしているんだとか
車に寝泊まりしているらしい
11日間の予定だというが、車中で眠れる人がうらやましい
aoikesiはまくらが変わると眠れない

上げ膳据膳はこたえられないが・・・
日帰りの旅が一番楽かなあ

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/02(月) 10:02:02|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

秋田駒ヶ岳・2

今回の目的はタカネスミレの群落
去年は7月の終わりに登ったから、葉っぱだけを見てきた
蔵王には自生していない黄色いスミレ、是非見ておきたかった

タカネスミレ
高山に咲く黄色いスミレ、光沢のある葉と濃い黄色の花が特徴
砂ガレキ地にへばりついて咲いている孤高の花

07,1takane5


07,1takane4


あと5日早ければ・・・ちょっと後悔の焼森の砂ガレキ地

07,1kibana2


07,1kibana1


キバナノコマノツメ
タカネスミレに似るが、葉が薄くて光沢に乏しい
タカネスミレより低い地に咲く
これも蔵王には自生していない

07,1ki2


07,1ki1


オオバキスミレ
蔵王の一部でも見られる

07,1ki3


う、う、美しい〜〜〜〜!
姫神山(右)と岩手山(左)

07,1yama1


姫神山は名前通り、女神さまのような美しさだった

07,1yama2


タカネスミレの咲く時期を6月末から7月はじめと考えていた
・・・が、思ったより早く咲いていた
開花時期を見極めるのは難しい
美しい花を見るには何度も通わなければならないものだ〜とあらためて実感
秋田駒はコマクサも有名だが、やっと1,2輪咲きはじめたばかり
個体は少なかった(群生地は別の場所らしい)
コマクサは蔵王のほうが見ごたえがある

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/01(日) 09:59:31|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:13

秋田駒ヶ岳

梅雨の中休みが続くので、思いきって秋田駒に行ってきた
去年は1泊したが、朝6時に出発の日帰り
途中、サービスエリアで朝食
アルバこまくさの駐車場に9時50分着
10時10分発の登山バスに十分間に合った
シーズン中はマイカー乗り入れ禁止、乗り合いバスで8合目登山口まで行く
登山口駐車場に「田部井淳子さんと行くツアー」のバスが止まっていた
とうとう田部井淳子さんの姿をみることはなかったが、ツアーに参加していた花ハイキングの生徒さんのTさんにばったり!
世の中狭いよねえ〜

登山口からは1時間30分ほどで阿弥陀池小屋に着く
さほど急な登りもなく、花が咲き乱れる登山道を楽しみながら歩ける
今回の目的はタカネスミレ、さあて、目的は達成となったのか

まずはミヤマダイコンソウを・・・
全山、ミヤマダイコンソウの黄色に覆われているのではないかと思うほど咲き乱れていた

ミヤマダイコンソウ(バラ科)
名は根生葉が大根に似ていることから
蔵王では見られない花

06,30dai1


06,30dai2


06,30dai3


06,30dai7


06,30dai6


06,30dai5


田沢湖を見下ろす崖にもミヤマダイコンソウの群れ

06,30dai4


ウソが目の前に・・・

06,30dai8


06,30dai9


我々は花をパチリしながら歩くので、登山の人にどんどん追い越されてしまう
しかし、しばらく行くと追い越した人たちが休憩している
一足先に出発しても、またすぐに追い越される
また、途中で追いつく
この繰り返しでほぼ同時に阿弥陀池に到着
登山の人たちは一番高い女岳(1,637、4m)の山頂を目指す
我々は花が咲いている途中まで登って、あとは戻ってくる
我々を登山者とは言わないのだろう・・・ネ

花の山、秋田駒は期待を裏切ることなく迎えてくれた


HP ma3koの部屋を更新しました

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/30(土) 10:14:49|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:20

癒し・・・?!

ソライロアサガオがまだまだ元気~
いつも全員が南を向いて咲いているのに、1輪だけ北を向いて咲いていた
自分の顔を確かめたかったの?

09,6asagao


癒しの店
栗駒に行ったときのスナップ

栗駒荘の向いにある民芸店に笑わせてもらった\(^O^)/
一見、普通のお店

09,6kuri5


和む~

09,6kuri1


どうして泣いてるの?
なになに・・・”菅さん公約守ってくださいネ。私、いじめにあってます”(背中の張り紙)・・・って?
今はドジョウでもぶら下げているのかな

09,6kuri2


この節操のなさ・・・(大好き)

09,6kuri6


飼いたい~

09,6kuri7


ほしい~(ウチにぴったり)

09,6kuri8


店主の顔が見たい

09,6kuri3


店内だってこの通り・・・
展示物のなかに埋もれるように商品が並んでいた
地元産の蜂蜜がおいしそうだった

09,6kuri4

まだまだ面白い飾り物がありました
こだわりの店、ってよくあるけどこれほどまでに好き勝手に陳列している店も珍しい・・・と思いませんか

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/06(火) 13:59:28|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

栗駒山・・・続き

笑顔いちばん”百花万彩”写真展に参加しています。
ブログ仲間のhowdaygoto2さんの呼びかけを見て参加しました。
会場の様子です。
クリックして見てください。
現地で写してきた青いけしの写真を3枚出品しています。
会場はアートガレー神楽坂、28日まで開催しています。
東京にお住まいのかた、会場に足を運んでくださるとうれしいです。
会場に行けないという方はこちらをクリックしてね。
展示している写真です。


栗駒の続き

木道が続く名残が原を過ぎると賽の河原に出る

08,26hana1


荒涼とした景色

08,26kuri5


盆栽のようなシラタマノキや

08,26kuri3


イワハゼが点々としている

08,26kuri4


ノリウツギの虫こぶを見付けた

08,26kuri12


ヨシに黒い点々
よく見たらウンカの仲間、大発生していた

08,26kuri2


ノギラン・・・日陰にあるものと

08,26kuri6


日当たりにあるものでは違う種類のように見える

08,26kuri7


昼食は須川湖のほとりで

08,26kuri8


ネジバナがいっぱい

08,26kuri9


シロネ

08,26kuri10


ヤマニガナ
他にもタニソバ、ゴマナ、ヒカゲカズラなど植生が豊富だった

08,26kuri11

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/26(金) 09:50:15|
  2. 秋田県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
長い冬のあとに訪れる輝く春、木漏れ日の夏、屋根に落ちるどんぐりの音、、、
四季それぞれの自然を蔵王のふもとから発信しています

クリックしてね!

いつもありがとうございます

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード