蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

仙人岱の花

八甲田山の続き

仙人岱には仙人岱清水と呼ばれるおいしい水飲み場があった
冷たくて疲れが薄れていくような水を順番に味わった

予定ではこれから大岳に登り、大岳避難小屋から上毛無岱、下毛無岱に下って酸ヶ湯温泉に戻るはずだった
風はちょっとおさまってきたようだったが、無理をしないでUターンすることした


仙人岱はあまり広くない湿原だが、花は見られた


ヨツバヒヨドリ
ヨツバシオガマ
そろそろ終わり

0730hakkoda11.jpg


ミヤマリンドウ
日差しがないと開かない

0730hakkoda10.jpg


キンコウカ
ちょっと早め

0730hakkoda9.jpg


モウセンゴケ
花はこれから

0730hakkoda12.jpg


ホソバノキソチドリ
木道からだいぶ離れた場所に3本だけめっけ
バッチリトリミングのぼけ写真

0730hakkoda14.jpg


イワオトギリとミヤマリンドウのコラボ

0730hakkoda13.jpg


ベニバナイチゴは湿原のちょっと手前に

0730hakkoda20.jpg


ノウゴウイチゴ
下るときに見つけた
花の名前を言うと、よく、漢字でどう書くの?と聞かれる
あまり漢字に重きを置いていないaoikesiはカタカナで書くの、とごまかすことが多い
スマホを持っている人がいて調べてくれた
能郷苺、と書くのだそうで、最初に発見された能郷白山から付けられたそうです

0730hakkoda19.jpg

登山口に下りたときはちょうどお昼
ビジターセンターの前庭で、須川温泉手作りの弁当を食べた
宿で作ってもらう弁当といえば、おにぎりと漬け物、シャケ、卵焼くらい
ところが2段弁当で1段目にソーセージやら唐揚げやらがぎっしり
半分も残ったので、帰りのバスの中で夕食代わりに食べた

昼食後、まもなく雨が降り出した
東北大植物園に寄るはずだったが、あまりの大雨に取りやめて、温泉に入って今回の旅は終了

ザンネンな八甲田山ではあった
(´A`。)グスン

強がりを、、、
前日の奥入瀬渓流散策は思った以上に体力を消耗した
もし、予定通りのコースを歩いたら、落伍者がでたかもしれない
なんとか須川温泉に着いたとしても相当時間がかかったはず
結果的に事故も無く全員が無事に下れたんだからよかったんだよね

温泉から上がってくつろいでいるとき、我々より少し早く出発した東京からのツアー一行がぐしょ濡れで戻ってきた
大岳の下まで登ったという
帰りはあのどしゃ降りの雨の中をず〜っと歩いてきたはずです


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2014/07/31(木) 09:02:07|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

八甲田山

朝方、雨音で目が覚めた
叩き付けるような激しい雨だったが、だんだん音は静かになっていた
朝食(6時半)のころはまだ雨が降っていて、、、
予定を変更して、ゴンドラで山頂まで行くことになった
7時頃になったら雲間から青空も見えてきた
予定通り、八甲田大岳へ向かって出発

雲の流れが速くて、雨が降ったり止んだり
山頂はすっかりガスに隠れている

0730hakkoda2.jpg


薄日が射した時間帯もあった
が、山頂から下ってきた人の話では、暴風が吹き荒れて立っていられなかったと

0730hakkoda1.jpg


強風にあおられながら硫黄色した地獄沢を渡った

0730hakkoda3.jpg


硫黄に強いハナゴケが斜面に張り付いていた

0730hakkoda4.jpg


0730hakkoda5.jpg


ハイマツの下にゴゼンタチバナが一面

0730hakkoda6.jpg


シラタマノキも咲いていた

0730hakkda.jpg


ミヤマキンポウゲ

0730hakkoda7.jpg


イワオトギリ

0730hakkoda8.jpg


マンネンスギ

0730hakkoda21.jpg


ミヤマホツツジ

0730hakkoda16.jpg


タニギキョウ

0730hakkoda18.jpg

ずっと森の中を歩き続け、やっと視界が開けた仙人岱(湿原)に着いた


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2014/07/30(水) 09:41:17|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

十和田湖遠景

奥入瀬と北八甲田の花ハイキング・2

十和田ICから1時間ほどで発荷峠に到着
展望台から大きな十和田湖が見えた

0729towada1.jpg


ヒメマスの昼食後、乙女の像まで散策
十和田湖と言えば乙女の像、、、なのに中心部からだいぶ離れた場所に設置されている
当時の町長が堂々と人目にさらすには見苦しい、とへんぴな外れに持ってきたという裏話があるんだそうで、、、
高村光太郎サンはさぞかし悔しがっておられることでしょう

0729towada3.jpg


カモさんの親子が泳ぐ湖は透明感抜群

0729towada2.jpg


奥入瀬渓流の続き

名滝は14ヶ所もある
どれにも名前はついているけど、、、

0729oirase1.jpg


0729oirase2.jpg


「阿修羅の流れ」など、流れにも名前がついていたけどどれがどれだか、、、汗

0729oirase4.jpg


0729oirase3.jpg


0729oirase5.jpg


エゾアジサイは終わり加減

0729oirase7.jpg


コケも見所のひとつ

0729oirase8.jpg


コケの橋を渡る

0729oirase9.jpg


穏やかな流れになって長い渓流散策も終わりに近づいた

0729oirase10.jpg


石ヶ戸
この先にバスの姿が見えたときはホントにうれしかった〜

0729oirase11.jpg


ブナ林の中を走り、1時間ほどで酸ヶ湯温泉に到着
温泉で疲れを癒し、思いのほか手の混んだ料理に舌鼓を打って満足な一日が終わった
明日は早い
おやすみなさ〜い


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/29(火) 09:19:45|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

奥入瀬渓流

奥入瀬と北八甲田の花ハイキング1日目
泉中央を7時50分に出発、十和田ICから発荷峠を経て十和田湖畔の食堂に12時30分到着
ヒメマス定食のランチで腹ごしらえ
ちょっと脂がのっているヒメマスは柔らかくておいしかった〜デス
乙女の像を見物したあと奥入瀬渓流をハイキング
26日の奥入瀬渓流ハイキングは穏やかな天気で14,2kmを3時間30分で全員無事歩ききりました
あ,参加者はスタッフ3名を含めた40名です
まずは奥入瀬の一部を見てください

ミラーレスカメラに変えてから1年ちょっと
今回、滝や渓流の写真が簡単にきれいに撮れることを発見しました

子の口から歩き出して30分ほどで見られる銚子大滝
パンフレットやプロ級のカメラマンが技術を駆使して撮るであろう画像
バカチョン級のミラーレスで、おまけに手持ちではかなわないものとあきらめていましたが、、、
シャッタースピードを遅くして撮ってみたら



ほら、手持ちでこれだけ写るんだからミラーレスもなかなのものでしょ

0728oirase1.jpg


水量豊富な流れも迫力満点に、、、

0728oirase2.jpg


九段の滝
手すりまで行くと他の人の邪魔になるので歩道からパチリ

0728oirase6.jpg


シャッタースピードが遅いので(6分の1)どうしてもまわりの被写体はピンボケになってしまうけど、、、

0728oirase3.jpg


恐竜が泳いでいました〜

0728oirase4.jpg


花ハイキングだから花もね

草むらに隠れるように咲いていた小ぶりのラン、珍しいランかな、と期待したけど、、、
エゾスズランでしょう
日が当たる場所ではもっと色が濃くてたくましさがある

0728oirase5.jpg


オオウバユリ
これは車窓からも群落をよく見かけたし、渓流沿いにもたくさんあった

0728oirase7.jpg


クルマユリ
一輪だけ開いていた

0728oirase8.jpg


奥入瀬渓流を完全に歩いたのははじめて
2時間くらい歩けばいいのかな,なんてナメていたら、、、
3時間30分も歩いた
アップダウンが少ないのには救われたが、足は棒のようになってしまった
誰一人としてギブアップした人がいなかったことに驚きです
皆さま、おつかれさまでした


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2014/07/28(月) 09:41:30|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

白神学その2

2日目も絶好の行楽日和
西目屋の宿泊所を出発、目屋ダム建設現場を越えて暗門の滝遊歩道入り口、アクアグリーンビレッジへ
世界自然登録当時はワンサと訪れた観光客も、知床が世界自然遺産に登録されると半減したという

この日は健脚コースとブナ林散策コースに分れて、現場ガイドの案内で歩いた
ウチは健脚コースを選択
薬師でもあり、北東北、北海道を旅して紀行文を残した菅江真澄の痕跡や、魯仙の絵と照らし合わせながらの散策となった

アクアグリーンビレッジANMON

11,7sirakami1


川沿いの道の途中ががけ崩れのため、しばらくはブナに山を迂回して行く

11,7sirakami2


急坂を下って川沿いの道に

11,7sirakami3


道は観光客も歩けるように整備されている

11,7sirakami4


沢の上に作られた歩道
これらは7日には閉鎖のため撤去されるという

11,7sirakami6


暗門三の滝

11,7siramaki7


上から見下ろす

11,7sirakami8


一の滝の上にあったという神社、流されて今は三の滝の近くに設置されている

11,7sirakami9


暗門二の滝
日差しを受けて滝つぼあたりに虹がかかっていたが、写真では見えない(涙)

11,7sirakami10


暗門一の滝
この滝が一番大きかった
ガイドが往復3時間半はかかると言って、写真を撮る時間以外は走るように歩いていた
駐車場に戻って見たら2時間半ほどで往復出来た
途中でリタイアした人が半数もいたが、もっとゆっくり歩けば全員三の滝まで行けたのに・・・

11,7sirakami11


一の滝全景

11,7sirakami12jpg


下るときに見た風景

11,7sirakamik13


[白神学その2]の続きを読む

テーマ:花の写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/07(月) 10:16:00|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

白神学・その1

ブナ林の保護運動がスーパー林道を阻止して、白神山地が世界自然遺産に登録された
だいぶ前の話だが、とたんに入山禁止になって地元など世間から非難を浴びた
散策ルートは確保されているが・・・
世界自然遺産に登録されるほどのすごいブナ原生林に分け入って見たいと思っていた。
新聞でそのチャンスに出会った
「晩秋の白神古道をたどるツアー」
江戸時代に残された図画や古文書を紐解きながら歩くという
「白神学」を出版した山下氏(首都大学東京准教授)によるオリエンテーション
夕食後には東大教授や作家らの講演会もある(アカデミック~!)
2日目は暗門遊歩道コースの散策

早速夫婦で申し込んだ
集合場所のの弘前駅前に集合したのは30名、地元や東北からの参加者が多いのかと思ったらわが家のみ
他の28名は全員首都圏からだった・・・主催者側もわが家もギョウテン
さらにギョウテンしたのはスタッフの多さ!
山下先生他教授、作家氏など4名
地元朝日新聞社の関係者が取材班を含め6,7名も!
途中からは地元のガイドも合流
他に山下先生のゼミの学生ボランティアも数名
西目屋では昼食後に町長さんのひとことご挨拶まであった

バスで岩木川上流へと向いながら、要所、要所を歩く
江戸時代の国学者・平尾魯仙の「暗門山水観」をもとに山下先生の説明を受ける

11,7hon



乳穂(にお)ヶ滝
今は水量が少なくて分かりにくいが、冬には太い氷柱になって見事(らしい)
滝の裏側、観音堂?まで上れる

11,6sirakami1


上から見下ろした光景

11,6sirakami3


鐘戸の淵

11,6sirakami4


鷹巣山

11,6sirakami5



岩谷観音堂への上り道

11,6sirakami10


岩谷観音堂

11,6sirakami12


岩谷観音堂からの眺め

11,6sirakami11


さらに魯仙が歩いた道をたどる

11,6sirakami13


村市の集落

11,6sirakami14



11,6sirakami15


11,6sirakami16

途中、神社や渡し場跡などを見ながら歩き、岩木川沿い最後の集落、居森平(いもりたい)へ
上流ダム工事のために移転した集落
1日目はここまで

11,6sirakami17

明日はいよいよ「暗門山水観」をたどりながら観光ツアー客も訪れる暗門三の滝、二の滝、一の滝へ


今日のブツクサ11月6日
[白神学・その1]の続きを読む

テーマ:花の写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/11/06(日) 11:06:20|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

岩木山

晩秋の白神古道をたどる・・・というツアーに参加してきた
江戸時代に残された図面や古文書をもとに、世界自然遺産の白神山地をあるくというもの
なかなかアカデミックなツアーではありました
詳細はおいおいお知らせします
天気に恵まれ、岩木山がきれいでした

見返り坂より・・・11月3日

11,5iwaki1


宿泊所の3階から・・・4日朝

11,5iwaki2


弘前がら新青森に向う列車の窓から・・・4日3時半頃

11,5iwaki3

今日は七日原のだいこん祭
これから長寿会主宰のフリーマーケットのお手伝いです
古着や器などがどれも200円

だいこん祭は明日までやっているので、是非お出かけくださ~い
1,000円でだいこん詰め放題のお祭りです
今年は大根が上出来~!


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/05(土) 09:26:14|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
高山植物、野に咲く花、時折ことりや生き物たち。
そして雪景色、、、

クリックしてね!

いつもありがとうございます

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード