蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

二度目の羽黒山神社へ

今回の羽黒山のツアーは角田太極拳サークルの暑気払いの一環
恒例の宴会を取りやめて、今年はじめてバスの旅となった
バスガイド経験者二名が幹事となってすべてをお膳立てしてくれた
ガイドさんならではの説明があって、先週より深い知識が得られた
7月17日の記事の追記として見ていただければとおもいます

蜂子皇子御墓
崇峻天皇の御子である蜂子皇子の御墓には菊の御紋が付いている

0724haguro1.jpg


皇子は三本足の烏に導かれて羽黒山にたどりついたという
平和の塔の上に八咫烏が

0724haguro2.jpg


三神合祭殿

0724haguro3.jpg


蜂子神社
二度目のお祓いを受け、蜂子皇子の像を拝観
皇子は参拝者の厄を一身に背負ってくださるという
12年分の厄というから、aoikesiは2倍の24年分かしら
これで行きている間は安心して暮らせるわ〜

0724haguro5.jpg


再びの杉並木石段下り
上って行く人ともたびたびすれ違った

0724haguro7.jpg


石段にはかくし絵が33個彫られているという
3箇所しか見つけられなかった
長い石段を安全に、かつ飽きないようにという心配りか

0724haguro6.jpg


先週つぼみだったオオウバユリはやっと咲き始めていた

0724haguro10.jpg


羽黒山五重塔

0724haguro9.jpg


塔のすぐ近くにクルマユリがまとまって咲いていた

0724haguro8.jpg


全員が無事に階段を降り、2446段の石段踏破記念の認定書をいただいた
そのあとお待ちかねの宿坊へ移動

精進料理
これにみそ汁とご飯が付いていた
ご飯は3杯までお変わり自由〜だって
男性陣はビールで盛り上がっていた

0724haguro12.jpg


家々の軒下の飾りものは秋例祭の授かり物とか

0724haguro11.jpg


食事の前に住職さんのお祓いと軽い説教があった

神社などに御参りするときの柏手の作法
手のひらをぴったりと合わせると、指の節と節が合わさるから「不幸せ(ふしあわせ)」につながると
少しずらして手を打てば、しわとしわが「合わさって幸せ(しあわせ)」
になるそうです
まだ鈴をならすのは休んでいる神様に起きていただくためだから強くならさない事
お賽銭は自分の厄を受けていただくものだから、コインで自分の胸などをさすってから静かに賽銭箱にいれること

どう、いいお話でしょ


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



  1. 2014/07/23(水) 10:00:43|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ヤマユリがニョキニョキ | ホーム | 丸森へ花を探しに>>

コメント

No title

太極拳のお仲間だけに 健脚さんがおそろいで 皆さん 溌剌としておりますねー、
  1. 2014/07/23(水) 16:40:16 |
  2. URL |
  3. gigen #-
  4. [ 編集]

精進料理~☆

aoikesiさん~こんばんは。

二度も羽黒山にお越しいただきありがとうございます。

正直言って、私は羽黒山神社には行ったことがありません。

精進料理が美味しそうですね。これならビールも美味しいでしょうね~ポチ☆
  1. 2014/07/23(水) 20:00:47 |
  2. URL |
  3. sakurakome #bGf9qjkw
  4. [ 編集]

No title

今晩は
バスガイド経験者の方が2名もいらっしゃるなんて
素敵ですね
これで、太極拳でお出かけの時は、何時でも大丈夫ですね
(●^o^●)
神社などに御参りするときの柏手の作法
良いお話でした 私も勉強になりました
ありがとう!
  1. 2014/07/23(水) 22:18:52 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ #-
  4. [ 編集]

No title

石段に隠し絵があるとは知らなかったー。
ガイドさんは教えてくれなかったかも。年寄りが多かったので危ないと思ったのかな。
湯殿山も行ってみたいし、また行かなくちゃですね。
精進料理は境内の斎館というところでいただきましたが、同じかんじでした。季節の山の幸が使われているんでしょうね、美味しかったですし、全部漆の器できれいでした。
宿坊の飾り物は初めて見るとびっくりしますね。麻が使われているそうですが真っ黒なので驚きました。
  1. 2014/07/23(水) 23:26:04 |
  2. URL |
  3. 標高480m #Rcvo1iqU
  4. [ 編集]

gigenさんへ

この中には80歳に近い方もいらっしゃるんですよ。
皆さん、2446段を踏破しました。
  1. 2014/07/24(木) 09:19:36 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

sakuramokeさんへ

意外に地元に人は観光地には行かないものです。
歴史を感じる石段は一度経験してもいいですよ。
  1. 2014/07/24(木) 09:21:04 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

チャンコナベさんへ

至れり尽くせりのツアーでした。
宿坊料理も5000円のが2000円にサービスだそうです。
彼女たちがいるといないでは大違いですね。

拍手の作法、私もはじめて聞きました。
ためになりますね。
  1. 2014/07/24(木) 09:23:58 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

標高480mさんへ

石段の彫り物はガイドさんでも知らない人が多いのではないかしら。
足下が危ないのでよく見て歩くようにとの心配りだと思います。
軒下の飾り物はツツガムシを模しているんだそうです。
  1. 2014/07/24(木) 09:27:02 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaonofumoto.blog107.fc2.com/tb.php/2609-c9986baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
高山植物、野に咲く花、時折ことりや生き物たち。
そして雪景色、、、

クリックしてね!

いつもありがとうございます

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード