蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

ウミミドリ、いつまでも

東日本大震災の津波によって復活した植物が多数確認されています
その中でも是非見たかった花、ウミミドリをカエデさんに案内していただきました

海岸や河口近くの塩湿地に自生するというウミミドリ
50年ぶりによみがえったのだそうです

実は07年に中国青海省を訪れた際に、ガイドの大場達之先生に教えていただいた花でした
アムネマチン山麓の塩湖付近で見つけた小さな一株、ずう〜っと気になっていた花でした
そのときの画像です、ひどい写真ですが、、、(2007、7、22、中国青海省にて)

0519umimidori.jpg


念願叶ったウミミドリ、うれしくてうれしくて、、、たくさんアップしますね
こうして見ると、大きな花に見えるけど、実物はこの3分の1ほど
青海省のがほぼ実物大かな

0519umimidori5.jpg


0519umimidori8.jpg


0519umimidori1.jpg


0519umimidori2.jpg


魚眼モードでパチリ

0519umimidori4.jpg


ここは復興工事現場のど真ん中
ダンプカーがひっきりなしに土ぼこりをあげながら通過して行きます

0519umimidori6.jpg


大草原のように見えるけど、草丈は10cmあるかなしか、、、
ほんの1mほどの群落です

0519umimidori7.jpg


これも復活したというコウキヤガラ(カヤツリグサ科)

0519umimidori9.jpg


ウミミドリが自生している環境
この場を保護するそうですが、いずれまた消えてしまいそうな危うい環境です

0519umimidori10.jpg


復興工事中の常磐線

0519umimidori11.jpg

多くの命と、営々と築き上げてきた生活を奪った憎っくき津波です
、、、が、半世紀降りに復活した花は、生活の利便性、発展優先の世の中に何かを教えてくれたような気がします
被害がなかった山暮らしが、何をホザク、、、としかられしそうな気がしますが
  1. 2015/05/19(火) 10:01:32|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<カザグルマ、セ〜フ | ホーム | ツクバネの雌花と雄花>>

コメント

No title

大場先生、懐かしい名前です。
内陸の塩湖にもあるんですね。
人間による開発で無くなった海沿いの植物群落が、皮肉にも津波によって復活してきたのですね。いろいろ考えさせられます。
  1. 2015/05/19(火) 18:06:44 |
  2. URL |
  3. 標高480m #Rcvo1iqU
  4. [ 編集]

No title

先日話していた中国のウミミドリですね。
感激です。
ウミミドリってなんか不思議。
私の場合ですが、とても心惹かれるのですよ。
今朝いただいた情報によると、防災緑地になる部分はすでに工事が始まっているところだそうです。
他は田んぼに戻すそうです。
つまり、私たちが見たウミミドリはすべて、やがては水田になる所にあるようです。
がっかりです。
  1. 2015/05/19(火) 20:02:47 |
  2. URL |
  3. カエデ #pPwD6HzY
  4. [ 編集]

こんばんは~☆

今日のブログは山では無くて海岸ですか。

海岸にも貴重な花が咲いていますね。

復旧の重車両を背景に健気に頑張って咲いていますね~ポチ☆
  1. 2015/05/19(火) 21:37:47 |
  2. URL |
  3. sakurakome #bGf9qjkw
  4. [ 編集]

No title

今晩は
50年ぶりによみがえったウミミドリ。。。
初めて聞きました
もちろん、見るのも初めてです
今まで、眠っていたのでしょうか?
植物の生命力は、すごいですね
  1. 2015/05/19(火) 22:50:12 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ #-
  4. [ 編集]

No title

ウミミドリって初めて聞きました。
半世紀ぶりの蘇ったのですか~
aoikesiさんのうれしさが沢山の写真から伝わってきます。
かわいい花ですね。
  1. 2015/05/20(水) 22:03:54 |
  2. URL |
  3. shiromati #wJttI53.
  4. [ 編集]

標高480mさんへ

理学博士の大場先生は千葉の中央博物館副館長さんでしたね。
ここにはダイオウやイチョウの祖先という草本もありました。
津波で復活する植物、、、また消えてしまうのでしょうね。
  1. 2015/05/21(木) 09:07:33 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

カエデさんへ

これ1株しか見なかったけど、とても印象的な花でした。
あの場所は水田になるんですか。
あんなにたくさん回復して咲いていたのに、ザンネンです。
田んぼに戻して、毎年咲いてくれればヨシとしなくちゃいけないんですね。
今年案内していただいて本当によかったです。
  1. 2015/05/21(木) 09:11:38 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

sakurakomeさんへ

今回は海岸の花です。
海岸には山とは違う面白い花がたくさんあります。
ここは潰されてしまうそうです。
もともと水田だった場所なんですね。
  1. 2015/05/21(木) 09:14:05 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

チャンコナベさんへ

津波でよみがえったウミミドリの存在は前から知っていましたが、カエデさんのおかげで見ることが出来ました。
うれしかったです。
このような状態でみるのは最期かもしれません。
  1. 2015/05/21(木) 09:15:53 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

shiromatiさんへ

ウミミドリは写真だけ見ると大きい花に見えますが、花ひとつは5mmくらいでしょうか。
よくぞ蘇ってくれたと思っています。
ホントにうれしかったです。
  1. 2015/05/21(木) 09:17:55 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaonofumoto.blog107.fc2.com/tb.php/2891-60fed3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
高山植物、野に咲く花、時折ことりや生き物たち。
そして雪景色、、、

クリックしてね!

いつもありがとうございます

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード