蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

小原渓谷・碧玉渓

比較的近くにありながら、気になっていながら、、、足を向けないできた場所
小原渓谷・碧玉渓
小春日和の穏やかな日に行ってきました

小原地区はスハマソウの時期に何度か訪れています
が、、、小原渓谷は、かつて一度くらい歩いたことがあるかなあ、、、

かつらや旅館のすぐそばから遊歩道が始まります
駐車場、トイレ完備

まずは高台の薬師堂にお参り

1119obara1.jpg


吊橋を見下ろす

1119obara3.jpg


岩風呂「かつらの湯」も見えます
入浴料200円、朝から訪れる人がいましたよ

1118obara1,1


振り返ると「おみょうにち」、、、貫禄十分の看板
入浴帰りの人への挨拶?
「また明日」という意味ですね

1119obara4.jpg


一度に5名以上は渡らないでください、、、という吊橋を渡ります

1119obara2.jpg


吊橋を渡ると舗装された遊歩道が続きます

1119obara5.jpg


途中、大崩れの崖がありました

1119obara6.jpg


徳富蘇峰が名付けたという碧玉渓
青く澄んだ渓谷というには水は濁っています
温泉水が入り込んでいるから?

1119obara7.jpg


湯けむりが上がっている箇所が何箇所かありました

1119obara8.jpg

続きます


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2015/11/18(水) 09:44:03|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<小原渓谷・碧玉渓の続きです | ホーム | マサオくん>>

コメント

昔白石に越してきたばかりの頃良く行きました。遊歩道の反対側から歩いたらしく、崖に設置してあった金属の歩道、落ちるんじゃないだろか(゜_゜;)と心配しながら・・・案の定温泉地に近づいたら向こう側に通行禁止の看板が(゜Д゜)
でも時々崖に見られる玉を探したりして面白かったです。
小原は時々コツブガヤやヒダリマキガヤを見に行きますね。
温泉は・・まだ入ったことがない~。
  1. 2015/11/18(水) 11:52:09 |
  2. URL |
  3. 標高480m #Rcvo1iqU
  4. [ 編集]

標高480mさんへ

私はあまりにも身近すぎて渓谷にはほとんど行ってませんでした。
子供が小さいとき、いづみ屋に泊まったことあります。
材木岩にはよくいっています。
>崖に見られる玉を探したりして面白かったです。
宝物?
  1. 2015/11/18(水) 15:42:14 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

30年くらい行ってないですね~
あの時は蜂の巣に遭遇して・・・
かつらの湯 まだ見てないです。
湯煙上がってるところあるんですね~
あの日は小原温泉スルーしてしまいました。
  1. 2015/11/18(水) 20:17:42 |
  2. URL |
  3. shiromati #wJttI53.
  4. [ 編集]

行ってみたいですね
小原温泉は立ち寄り湯で行ったことがありましたが
熱すぎてはいらずにかえったことがありました
紅葉はもう終わりでしょ?
新緑のころにでも行ってみたいです
  1. 2015/11/19(木) 07:07:20 |
  2. URL |
  3. 153 #-
  4. [ 編集]

shiromatiさんへ

やっぱり、、、。
いつでもいけると思うとなかなかいかないものです。
かつらの湯は新しくなったようですね。
湯気が上がっている箇所があちこちにありました。
  1. 2015/11/19(木) 09:08:14 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

153さんへ

紅葉はもう終わりです。
春の芝桜の頃、スパッシュランドと抱き合わせでいくといいですよ。
  1. 2015/11/19(木) 09:09:57 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

今晩は
白石川の上流?にこういう所が
あるんですね
ここのつり橋は、とても渡れそうもありません

おみょうにち。。。私が子供の頃、よく母は『ごにょうにち』と、夕方すれ違った人に言っていたのを、思い出しました
おみょうにちもごみょうにちも、今思えば素敵な挨拶でした (●^o^●)
  1. 2015/11/19(木) 22:15:30 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ #-
  4. [ 編集]

ちゃんこなべさんへ

この吊橋、揺れるんです。
フフ、面白いですけど、、、。
「おみょうにち」は親の世代が使っていましたね。
もう忘れられてしまった美しい言葉ですね。
  1. 2015/11/20(金) 08:45:09 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaonofumoto.blog107.fc2.com/tb.php/3060-3919fe1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
長い冬のあとに訪れる輝く春、木漏れ日の夏、屋根に落ちるどんぐりの音、、、
四季それぞれの自然を蔵王のふもとから発信しています

クリックしてね!

いつもありがとうございます

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード