蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

ウミミドリ一面

津波で復活したウミミドリを、去年案内していただいて見てきました
今年もまだ健在だというので行ってみました
曖昧な記憶のまま出かけました
結局、自生の場所にはたどり着けなくて、去年案内していただいたKさんにまたまたご厄介になってしまいました
ありがとうございました

ウミミドリ
去年より増えていました
来年もこのまま咲いていてくれることを願いつつ、、、
0525umimidori1.jpg


0525umimidori6.jpg


大きな花に見えるでしょ
実物は4分の1ほどの大きさ、上の画像が実物に近いでしょうか
0525umimidori3_20160523090001666.jpg


0525umimidori2_20160523085959b73.jpg


0525umimidori4_20160523090002dab.jpg


もう一つ、非常に珍しいものを見せていただきました

ヒカリモ
ヒカリモは、日本各地の水のきれいな洞窟や、山陰などの池に生息する藻類であり、暗所で光を反射させることで黄金色に光って見えることが和名の由来である。(ウイキペディアより)

無風の日なら、金箔を貼ったように、もっと輝いているそうです
機会があったらまた訪れてみたい
0525hikari.jpg



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村



テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2016/05/23(月) 09:10:44|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ウシオハナツメクサか、ウスベニツメクサか | ホーム | オオバナノエンレイソウ>>

コメント

ウミミドリは見たいと思って探していたものです。
堤防工事などでなかなか探せませんでした。
絶滅寸前とは思えない数ですね。
魚眼レンズも備えているんですね。さすがです。
  1. 2016/05/24(火) 13:18:50 |
  2. URL |
  3. ひとりしずか #Lw2.U1MI
  4. [ 編集]

ヒトリシズカさんへ

ウミミドリの自生地は一人では探せないかもしれません。
ほんの一部にしかありません。
次、我々だけで行けるかどうか。
  1. 2016/05/25(水) 08:50:27 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

ウミミドリが昨年より、増えていたとは
嬉しいですね (●^o^●)
  1. 2016/05/25(水) 12:10:21 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ #-
  4. [ 編集]

ちゃんこなべさんへ

はい、嬉しかったです。
でも、来年はどうなっているか。
非常に繊細な場所にあります。
  1. 2016/05/25(水) 12:39:38 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaonofumoto.blog107.fc2.com/tb.php/3239-e935aaac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
長い冬のあとに訪れる輝く春、木漏れ日の夏、屋根に落ちるどんぐりの音、、、
四季それぞれの自然を蔵王のふもとから発信しています

クリックしてね!

いつもありがとうございます

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード