FC2ブログ

蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

タツナミソウ4種

身近で観察されるタツナミソウ4種です

コバノタツナミ
自生は関東以西となっています
これは園芸種として出回っているもの
tatunami3.jpg


とても丈夫であまり環境を選ばないようです
tatunami2.jpg


シソバタツナミソウ?
葉脈が白い,、、、
tatunami4.jpg


繁殖力が旺盛で、草むら一面を占領してしまうほど
tatunami1.jpg


ヤマタツナミソウ
この辺りの草むらに比較的普通に生えています
yamatatunami.jpg


yamatatunami2.jpg


イガタツナミソウ
岩沼の里山に自生しています
群落があったけど、ほとんどが過ぎていました(泣)
tatunamisou6.jpg




テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2018/06/14(木) 08:45:12|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<チコちゃんブログデビュー〜♪ | ホーム | 雨の日のホタルブクロ>>

コメント

タツナミソウだけでも、4種あるんですね
さすがaoikesiさん、私には区別が難しいです
イガタツナミソウは、見てみたいです
  1. 2018/06/14(木) 21:40:06 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ #-
  4. [ 編集]

タツナミソウ4種、
似て非なるそれらを見分ける術など私には無論ありませんが
机上の学問もさることながら、それに加え、ウン十年も野山を歩き
花に愛情を注いで来た現場主義の aoikesi さんの説得力に
そこいらの学者は逃げ出すかも知れません。
洋の東西を問わず、高貴な色と言われる紫。
一口に紫と言っても、微妙な色合いの違いが7枚の画像からも分かります。
正月の箱根駅伝ですが、襷の色を見るのも一興です。
明治の紫紺、駒澤の藤色、順天堂の紫、神奈川大のプラウドブルー、
山梨学院大のプルシアンブルー、國學院大の赤紫など・・・。
因みに半世紀程ご無沙汰の立教のスクールカラーも高貴に満ちた紫です。
桃屋の江戸紫と言うのもありましたが?
  1. 2018/06/15(金) 02:20:28 |
  2. URL |
  3. yoimatigusa #-
  4. [ 編集]

ちゃんこなべさんへ

イガタツナミはわかりにくい、小さな里山です。
目印もないような、、、。
  1. 2018/06/15(金) 08:53:51 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

yoimatigusaさんへ

いえいえ、、、植物学者は相当マニアックです。
タツナミソウだけを研究対象にしている方は知人にいます。
DNAなど徹底的に調べるんですよね。
私のように見た目で見分けるなんて、ど素人なんですよ。
でも、このように評価していただいて嬉しいです。
  1. 2018/06/15(金) 08:59:06 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaonofumoto.blog107.fc2.com/tb.php/3957-693292af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
高山植物、野に咲く花、時折ことりや生き物たち。
そして雪景色、、、

クリックしてね!

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード