蔵王のふもとから

東日本大震災の被害を免れた蔵王のふもとからできることを考えています

ウチョウラン悲し

今年もウチョウランの咲く岩場に登ってみました
道無き道をよじ登り、大きな岩が見えて、、、ガガ〜ン!
危なっかしいながら、這うように登ればなんとか通過できた足場が崩れていて、近づくことができませんでした
幻の花になってしまった瞬間です(号泣)

遠いけれど、なんとか撮れる場所まで近づけた去年のウチョウランです
0630hana7_201806271047581c6.jpg


ちなみに、ウチョウラン発見の手がかりになった一株
高い場所から覗き込んでかすかなピンクを見つけた時の嬉しさ、、、
今回は同じ場所に登ってみましたが、見つかりませんでした(涙)
0628utyo1-1.jpg


ミヤマスカシユリ
強風の中、岩にしがみついてパチリ
0630hana3_20180627103729a86.jpg


はるか彼方の岩場にも咲いていました
0630hana4.jpg


マツブサ
オス花しか見当たりません
0630hana2_20180627103728fad.jpg


マタタビのオス花
0630hana1_201806271037260ba.jpg


近くにメス花は見当たらず、鈴なりの花は虚しくもあり、、、
0630hana6_20180627103744052.jpg


0630hana5_20180627103732577.jpg

我が家で引き返してきた場所からよじ登って、ウチョウランを見てきた方がいらっしゃいました
命がけだったということですが、覚悟すればまた見られるかも、、、




テーマ:写真 - ジャンル:ブログ

  1. 2018/07/03(火) 08:56:39|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<蔵王山にスフィンクス?新パワースポット | ホーム | 池の平湿原歩きのハイライトは満開のコマクサ>>

コメント

ウチョウラン、残っていたそうでよかったです。
ところでミヤマスカシユり、もう咲いていたのですか?
今年は案内の約束があるので、土曜日に下見に行ったのですが、こちらはまだ蕾でした。
例年より早くなるのじゃないかと、気がもめます。
  1. 2018/07/03(火) 13:51:08 |
  2. URL |
  3. カエデ #pPwD6HzY
  4. [ 編集]

こんにちは^^

幻の花となってしまうのでしょうか・・?

人の手が届かなくても立派に育つんですね
生命力の強さに感服します
クロアゲハも静かに吸蜜タイムを楽しんでいますね

でもaoikesiiさんはよくご存知ですね。。
  1. 2018/07/03(火) 14:12:30 |
  2. URL |
  3. 夕海 #-
  4. [ 編集]

カエデさんへ

ウチョウランは近くまで行けなかっただけで、消滅していたわけではないんです。
上から見た株だけが見えなかっただけ。
ミヤマスカシユリ、こちらは崖の日当たりのいい場所だから早かったのでしょう。
去年よりは早いですけど。
  1. 2018/07/03(火) 15:38:44 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

夕海さんへ

近寄れなかったのですが、別の方がなんとか見てきたそうです。
来年は見られるかもしれません。
花を観察して半世紀以上なんです(冷や汗)
飽きないで続いているのは花だけ、、、ん?!
  1. 2018/07/03(火) 15:41:24 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

標高が高いところでしょうか。7月でも咲いているんですね。
そういえば6月のはじめに小国の方が裏山(マタギさんくらいしか登れないような凄い崖です)に登って撮った写真を送ってくれてました。
高嶺の花であり続けるのがいいんでしょうね。
  1. 2018/07/03(火) 16:49:55 |
  2. URL |
  3. 標高480m #Rcvo1iqU
  4. [ 編集]

こういう所に咲く花は、人を寄せ付けない様な
凄さがあるんですね

ミヤマスカシユリが、素敵です
  1. 2018/07/03(火) 22:37:56 |
  2. URL |
  3. チャンコナベ #-
  4. [ 編集]

容易に立ち入れない場所にあるからこそ余計に見たい、撮りたいと思うのは
分かりますが、無理しない方が得策かと。神秘性を放つウチョウラン。
背景は違いますが、ミヤマスカシユリに「ひばりの佐渡情話」の歌い出しが
脳裏をよぎった。
佐渡の荒磯の岩かげに 咲くは鹿の子のユリの花・・・
猫が耽溺するマタタビ、花はまるで白梅のようにきれい。
クロアゲハとノアザミは、やはり絵になる。メルヘンチックで心温まる。
  1. 2018/07/04(水) 01:23:34 |
  2. URL |
  3. yoimatigusa #-
  4. [ 編集]

標高480mさんへ

標高が高いところではないですが、大変危なっかしい崖です。
去年まではなんとか近寄れたけど、足場が崩れてしまいました。
高嶺の花であり続けるのが一番なんでしょうね。
  1. 2018/07/04(水) 08:51:40 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

ちゃんこなべさんへ

近づける場所に咲いているウチョウランはとっくの昔に盗掘されてしまったんです。
今でも見られるのはなかなか近寄れない崖の上なんです。
ミヤマスカシユリも高嶺の花です。
  1. 2018/07/04(水) 08:53:59 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

yoimatigusaさんへ

こういう美しいラン科の花は盗掘で危なっかしい崖の上などでしか見られなくなったのです。
ウチョウラン展が時々開催されて、お安く購入できます。
バイオ技術が進んでいるのでしょうか。
でも、、、やっぱり野に咲くウチョウランが見たい、、、汗
ミヤマスカシユリの崖っぷちの花です。
  1. 2018/07/04(水) 08:59:16 |
  2. URL |
  3. aoikesii #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zaonofumoto.blog107.fc2.com/tb.php/3973-574aad27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

aoikesi

Author:aoikesi
高山植物、野に咲く花、時折ことりや生き物たち。
そして雪景色、、、

クリックしてね!

ホームページです

きりえ、水彩画、刺繍絵など野の花がいっぱい

三島木正子の公式サイトへ
ホームページ定期的に更新中

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード